指定ゴミ袋とは
私たちがめざすべき「資源循環型社会」を創造していくためには、自治体・事業者・市民の三者がその担い手であることを自覚し、役割分担を明確にしたうえで各々が主体的に取り組んでいかなくてはなりません。
廃棄物はその発生時から管理・コントロールする「川上対策」が重要であり、発生から最終処分までの流れにおいて三者が協力した「発生抑制・再資源化・最終廃棄物処理」という減量化への取り組みを促進していくことが必要不可欠であります。
また、自治体の取り組みにおいては地域の実態に合わせた個別の対応も必要となってきます。
このような状況下で「指定ゴミ袋」はごみ処理行政に大きな役割を果たし、地域事情に応じたその政策手段の一つとなっています。
私たちサーモ包装株式会社は、この「指定ゴミ袋」の製造を通して「資源循環型社会」の実現に貢献していきたいと思っています。


Copyright 2012
THERMO PACKAGE Co.,Ltd.